大切な人を守るために自宅deお手軽性病検査

検査キットと病院・保健所での検査、どっちがお勧め?

今は性病検査をできる場所が、いろいろとあります。病院もそうですし、
保健所の場合は無料で検査ができます。また、検査キットを使ってやる方法もありますが、
実際に検査をお願いしようとなったら、どこがいいのでしょうか?
そこで今回は幾つかある選択肢のうち、どれがいいのか考えてみたいと思います。
登録衛生検査所や保健所、病院などのホームページ情報を参考に考えてみたので、チェックしてみてください。

何を重視するかで答えは違ってくる

大前提として覚えておいて欲しいのですが、検査キットによる検査であっても、
病院や保健所による検査であっても、メリットとデメリットがセットであります。
人によって何を重視するかが違ってくるので、一概に検査キットがいいだとか、病院や保健所がいいだとかは断言できない部分があります。
ただ、以下のようなパターンの人にはお勧めの方法があるので、当てはまる人は参考にしてみてください。

仕事や家事が忙しい人:検査キット

仕事や家事が忙しくてなかなか朝から夕方まで時間が作れない人は、検査キットがお勧めです。
病院は検査受付の時間が決まっていますし、保健所は受付の時間どころか、曜日まで決まっている場合が多いです。
どうしても保健所や病院に足を運べない人は検査キットを利用してみてください。

対面による検査が嫌な人:検査キット

病院や保健所では検査の際に、看護師や医師、保健師と顔を合わせます。
筆者も経験がありますが、あまり心の温まる時間ではないので、対面が苦手だという人も居るのかもしれません。
対面による検査が嫌な人は、郵送して検査結果を受けられる検査キットの方がお勧めです。

自分の指を針で突く自信のない人:病院や保健所

HIVの検査を行うときは、血液が必要です。検査キットの場合は専用の道具で自分の指を突き、
血を出してシートに染み込ませる必要があります。
実際はたいした作業ではないのですが、自分でやるとなるとどうしても怖くてできない人が居ます。
極度の怖がりな人は、保健所や病院で看護師さんに針を刺してもらった方が我慢できるはずです。

とにかく無料を好む人:保健所

保健所であれば、性病の検査が0円で可能です。
ただ、保健所は施設そのものの数が少ない上に、検査可能な曜日が限られているので、
スケジュールや立地的に難しい人は多いかと思います。

以上、どのようなタイプの人が検査キット、保健所、病院での検査に向いているのかまとめてみましたが、いかがでしょうか?
どこで検査を受けても信ぴょうの性の高い検査結果が出るので、その点は気にする必要はありません。
検査を受けるという決断が一番重要なので、
スケジュールや立地的に無理のない方法で検査を行ってみてくださいね。