大切な人を守るために自宅deお手軽性病検査

料金はいくらくらい?

性病検査、例えばHIVの検査は、幾らくらいでしてもらえるのでしょうか?
もちろん一部無料で検査を行ってくれる場所はあるのですが、基本はお金がs掛かります。
そこで今回は、性病検査の相場を考えてみたいと思います。

■性病検査の料金は、内容によって3千円から1万円くらい

性病検査は主に病院、保健所、登録衛生検査所で行ってもらえます。
最後の登録衛生検査所に関しては、検査キットを郵送でやり取りして、遠隔で自分の性病を検査してもらうスタイルになります。
いずれにせよ、保健所を除き検査は有料です。
何種類の性病をチェックするかによって検査料も変わってくるのですが、
相場として3千円から1万円ほどが一般的
です。 実際、横浜市登録の衛生検査所である『ふじメディカル』の公式ホームページをチェックすると、

  • HIVの検査・・・3,300円
  • クラミジア・淋菌のセット検査・・・5,000円
  • HIVからC型肝炎まで9項目の検査・・・12,000円

といった料金が掲載されています。病院でも似たような料金が掛かるので、
一般的な値段と言えます。ただ、病院では交通費などが掛かりますし、
検査キットであれば送料などが数百円必要になってきます。

■保健所での検査は無料

ちなみに、保健所での検査はHIVであってもクラミジアや淋病であっても、
完全に無料です。ただ、無料には裏があって、病院や衛生検査所のように、好きなときに受けられる検査ではありません。
検査を受け付けてくれる曜日を事前に確かめ、その曜日を目掛けて予約を入れ足を運ぶなど、
多少の面倒な作業が必要になります。
また、病院のように家の近くに保健所があるとは限らないので、移動距離が長くなる人も居るはずです。
交通費も掛かる人も出てくるかもしれません。その辺りはデメリットとして覚えておいてください。

以上が性病検査の費用になりますが、いかがでしょうか?
不便でも無料の保健所を選ぶのか、利便性の高い検査キットを選ぶのか、
それとも中間的な存在の病院を選ぶのかは、皆さんの生活スタイルを考えながら決めるといい
です。
ただ、平日の昼間が仕事で自由にならないという人は、基本的に検査キットでのチェックが現実的かと思います。
気になる性病が分かっている場合は、それほどコストも掛からないので、積極的に利用してみてください。
逆に放置だけは何も解決にはならないので、できればやめてくださいね。