大切な人を守るために自宅deお手軽性病検査

性感染症をもっと知ろう!

内閣府が行ったアンケート調査によると、若者世代の10から15人に1人が性病に罹患(りかん)していると言われています。ただ、その世代が一番性感染症に関する知識を持っていないそうで、 「まさか自分が性感染症になっているわけない」 と考えてしまうようですが、確かに日本に居る限り大丈夫だろうと、何となく手放しに安心して考えてしまいますよね? そこで今回は、内閣府の作成した『政府インターネットテレビ』の情報を参考に、性感染症とは何なのか、性感染症はどうやってうつり、どういったリスクがあるのか、まとめたいと思います。

性感染症は「口」でもうつる

性感染症は、主に性器の周辺に感染する病気を意味します。
性交渉でうつるのですね。
ただ、単なる性交渉ではなく、「口でする」オーラルセックスでもうつるとご存じでしたか?

例えば最近、のどが痛かったり、何か詰まっているような感じがあったり、たんが多かったりと、
原因不明の違和感が続いているようであれば、
性病が"のどに"うつっている可能性があります。その口でオーラルセックスを繰り返せば、
被害はどんどん拡大していきます。

性病は女性の体を大きくむしばんでしまう

性病を放置するとどうなるのでしょうか?
痛みやかゆみがあって日常的に不快という面もありますが、それ以外にもリスクはあります。
例えばクラミジアを放置すると、HIV感染のリスクが数倍に高くなるというデータもあります。

女性の場合は性病を放置すると、性器の周辺から卵管や子宮の方まで菌が広がってしまい、
最悪の場合は子どもが産めない体になってしまうといいます。

10代、20代前半の女性は子どもが産めない体になると言われてもピンと来ないかもしれませんが、
20代も後半になってくると、子どもを産めない体の意味がよく分かるようになってきます。

10代、20代前半の女性の皆さん、ご自分が小学生だったころを思い浮かべてください。
そのころに分からなかった人生の喜怒哀楽を、今はたくさん分かるようになっていると思います。
同じように今は分からない「子どもが産めない体」の意味を、将来分かるように必ずなります。
そのときに後悔しないように、早めに行動を起こしましょう。

以上、性感染症の大まかな説明ですが、いかがでしたか? 性病検査は、保健所や病院、郵送による検査キットで行えます。
料金的にも数千円と負担にはならないので、自覚症状がある人もない人も一度は受けてみるといいと思いますよ。